全日本ロードレース 最終戦 in 鈴鹿 レースレポート-後編-

Post image of 全日本ロードレース 最終戦 in 鈴鹿 レースレポート-後編-
カテゴリ: 2010年レースレポート 1 件のコメント

2010年10月31日、三重県の鈴鹿サーキットにて、MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ最終戦「第42回 MFJ グランプリ スーパーバイクレース in 鈴鹿」が開催された。

■大会名称 2010全日本ロードレース選手権シリーズ 最終戦 第42回 MFJ グランプリ スーパーバイクレース in 鈴鹿
■カテゴリ J-GP3クラス
■開催日 予選:10月30日(土)、決勝:10月31日(日)
■開催場所 鈴鹿サーキット(5.821Km)
■天候 天候/予選:雨後曇・ドライ/ウエット 決勝:曇後雨・ドライ/ウエット
■観客数 予選:6,000人・決勝:12,000人
■周回数 12周 ■出走台数 26台 ■完走台数 24台
■PP 山本 剛大(Honda / 2分27秒678)
■FL 山田 誓己(Honda / 2分20秒664)

決勝日は、台風一過とまではいかないものの、まずまずの天気で朝を迎えた。
泣いても笑っても、今日のこのレースが2010年最後の勝負だ。
いまだ確定していない年間チャンピオンへの道を競うライダー、ランキング争いからは離脱したものの有終の美を飾ろうと表彰台の座を狙うライダー、みんなが「勝利」にこだわっているオーラーがひしひしと伝わってきた。

20101031_091046_228

Webike Team Norick YAMAHA 野左根航汰選手も、もちろん今年一年の成果を発揮して「勝ち」を収めたい。
シーズンの初めは、共に戦うTZ125にまだ足がしっかり届きもしなかったが、夏には片足が付くようになり、今では両足がペタリとつくほど身体も成長を遂げた。
サポートするスタッフも、その身体と同じように成長した野左根選手の精神力を遺憾なく発揮してほしいと心から願っていた。

20101031_091623_350

ウォームアップ走行はドライコンディションで行われた。昨日の予選はウェットコンディションだったため、どのチームも決勝に向け、この走行がドライコンディションでのタイヤの確認をする大事な機会となっているようだった。

20101031_120213_559

今回はタイムスケジュールがイレギュラーで、J-GP3の決勝レースは3レース目、ピットウォークの直前に行われる。
ファンの方がサーキットに観戦に来てもらいやすい時間帯な上に、最終戦ということもあり、スターティンググリッドに向かう頃にはいつもより多くの観客の皆さんの応援する姿が見られた。

20101031_120723_574

少し後方からのスタートを余儀なくされた野左根選手。4列目のインサイドから前を狙う。

20101031_120739_577

チーフメカニックの「ほら、記念撮影だって!」という声に表情を緩め、溢れんばかりの緊張を少し解きほぐす。

20101031_120833_578

そしてまた、一瞬の後には真剣な眼差しに戻り、今度は程よい緊張と共に集中力を高める。

20101031_121726_007

12時過ぎ、とうとう決勝レースのスタート。最初のコーナーを抜けると、少しスターティンググリッドからポジションを落としてしまった。

20101031_121952_030

レース序盤、トップ集団のペースが上がりきらない隙に、上位を追う。

20101031_123012_049

しかし、周りも喰らいついてくる。17番手からスタートした、ライバルのTeam HARC・PRO. 浦本修充選手が大きく順位を伸ばし、追撃の手を緩めない。

20101031_123630_055

レース中盤、若手ライダーが目まぐるしく順位を入れ変えながらの白熱の展開!

20101031_123853_080

その後、ベテランライダーのチームアライアンス&ハルクプロ 徳留真紀選手を射程範囲に捕らえながら、徐々にポジションを上げていく。

20101031_124113_091

8周目に転倒した前方車両を上手くかわし、9周目には6番手にまで位置を進める。

20101031_124116_098

しかしラスト2周、ここまで競り合ってきた浦本選手に先行されてしまうが、ファイナルラップで野左根選手が競り勝ち、先にチェッカーを受けた。

20101031_125304_101

ピットに戻ってきたばかりの野左根選手のこの明るい表情!レザルトは7位であったが、一歩も譲らずレースを運び、最後の接戦にもガッツを見せての結果。野左根選手も思わず「楽しかった!」と、やり遂げた充実感に溢れていた。

20101031_134031_133

そして引き続き行われたピットウォークには、ファンの方がサインを求めて並んで下さるほどお集まり下さった。
また、野左根選手が1年間戦った「TZ125」と一緒に展示した、ノリックが鈴鹿で走らせていた「YZR500」も多くの方にご覧頂けた。中には「あの時もここ鈴鹿サーキットで応援してました」と声をかけて下さるファンの方もおり、皆さんの熱心な応援と暖かい思いをを肌で感じることができた。

20101031_134049_136

今年の春に「ノリックジュニア」から小さな産声を上げた「ウェビック チームノリック ヤマハ」そして野左根航汰を一年間応援頂き心から感謝致します。本当にありがとうございました!

「チームノリック」は2011年も全日本ロードレース選手権に継続参戦する予定で、現在、準備を整えている真っ最中です。詳細な体制が決まり次第、ご報告させて頂きますので、今後もどうぞご期待下さい!

★さらに沢山のフォトは、「Webike ギャラリー」でご覧頂けます。

★レースの公式結果は、MFJオンラインマガジン よりご覧頂けます。

← 「全日本ロードレース 最終戦 MFJGP in 鈴鹿 レースレポート-前編-」へ戻る

8周目に転倒した前方車両を上手くかわし、9周目には6番手にまで位置を進める。
投稿者: Webike Staff   @   2010年11月9日 1 件のコメント

ソーシャルブックマークに投稿

RSS Twitter Yahoo!ブックマーク livedoor クリップ @nifty clip はてなブックマーク

1 件のコメント

コメント
2010年12月21日
12:45 AM
#1 Norickファンの男 :

遅れましたが、今年の戦いお疲れ様でした。来年も野左根航太くんを応援します!頑張ってください!

コメントを投稿する

*

以前の記事
«
最近の記事
»
 |  © 2009 - 2010 Rivercrane Corporation.All Rights Reserved.   |   template offered by ZENVERSE   |