全日本ロードレース 第6戦 in SUGO レースレポート

Post image of 全日本ロードレース 第6戦 in SUGO レースレポート
カテゴリ: 2012年レースレポート 0 件のコメント

第3戦 筑波で3位と初の表彰台 、第5戦 もてぎでは2位と2戦連続表彰台を獲得、今回のレースこそ優勝を勝ち取ることを誓って臨んだ全日本ロードレース 第6戦 in SUGO 。SUGOは野左根の一番好きなサーキットということもあり本人にも、チームにも気合が入ります。

■大会名:2012 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第6戦 スーパーバイクレース in SUGO
■カテゴリ:J-GP2クラス
■開催日:公式予選:8月25日(土)⇒決勝レース:8月26日(日)
■開催場所:宮城県柴田郡村田町 スポーツランドSUGO
 インターナショナルレーシングコース(1周=3.737km)
■天候: 予選:晴れ ドライ 決勝:晴れ ドライ
■周回数:20周
■出走台数:17台
■完走台数:15台
■PP:野左根 航汰(Webikeチームノリックヤマハ / 1分31秒256)
■FL:野左根 航汰(Webikeチームノリックヤマハ / 1分31秒780)

◆8/24(金)フリー走行

ブレーキトラブル(フェード)に悩ませられるも、1分32秒152でトップタイムをマーク。

◆8/25(土)公式予選

前日に行われたフリー走行で発生したブレーキトラブルはパッド交換により解消。スタートはユーズドタイヤで行ったが思うようにタイムが伸びず焦る場面も。しかしレースの途中にNewタイヤにチェンジし、その後は安定した走行を見せる。

結果、1分31秒256で、J-GP3時代も含め、全日本ロードレース初のポールポジションを獲得。

野左根自身は、目標の30秒台は出せなかったのが悔しいと語るも、優勝への自信を覗かせる一面もあり、初の優勝に向け頼もしく感じられる予選となった。

◆8/26(日)決勝

汗ばむような暑さと、ドライコンディションの中迎えた決勝レース。

午前中に行われたウォームアップ走行では再度ブレーキトラブル(フェード)が発生、フリー走行の時と同じ症状に見舞われる。再度パッドを交換し、ブレーキのエア抜き作業を実施、Newタイヤに履き替えと、ピット内は慌しくスタート直前まで対応に追われた。

調整も間に合い、いよいよ レーススタート。

スタート直後、野左根は2番手まで後退、ホールショットは2番グリットスタートの中本郡選手。野左根はNewタイヤ及びブレーキパッドが馴染まず、一時5番手まで後退しながらも、7台で争われているトップ集団内の順位をキープ。トップ集団の順位が目まぐるしく変わっていくレース展開の中、徐々にラップタイムが安定し、周回を重ねるにつれ順位を上げていった。

本人も自信を持って走れるという得意のコーナー110Rで浦本選手を交わし、ついに野左根がトップを奪い返す。

ここから徐々にタイムを上げ、2番手以下を引き離していく展開に。15周目で1分31秒780というファステストをマークした。

レース終盤、2番手に約5秒差を付け、

念願の1位で堂々フィニッシュ!!

うれしい全日本での初優勝を独走で飾った。

3位→2位→1位と、全日本3戦連続の表彰台という右肩上がりの快挙である。

2位には浦本選手、3位には生形選手が続いた。

ピット内では、野左根選手が順位を上げるごとにチームの皆がガッツポーズ。野左根がトップに立ったときには大盛り上がりを見せ、チェッカーを受けたときはチームのみんなが喜びを爆発させた。

 

ポイントランキングでも野左根が67ポイントでトップ!

しかし、上位のポイントは僅差で、ランキング争いは大混戦に。

 

野左根も念願の初優勝に笑顔が絶えず、タイムには満足いかないと悔しさを見せるものの、得意の110Rのライン取りで勝負をかけていき、作戦通りのレース展開に満足した様子だった。

◆ライダー 野左根航汰コメント

今回のレースは全日本3年目にして初優勝できました。

サポートしてくれたチームの皆様、スポンサーの皆様、応援してくれたファンの皆様本当にあり がとうございました!
次のオートポリスも沢山ある課題をクリアして菅生に続き優勝します!応援よろしくお願いいたします。
◆監督 阿部光雄コメント

全日本に参戦して3年目、やっと勝つ事が出来ました。これは航汰の才能を信じサポートしてくている人達と、応援してくれているファン皆様のお蔭、と大変感謝しております。

航汰は10歳の時からチームノリックで走り、故典史が思い描いた「日本人のMotoGPチャンピオンを育てる」と言う思いに一歩近づけたなと、感慨深いのも有ります。
しかし、ここからさらに気を引き締め、妥協することなく、厳しいトレーニングを続け、本人と関係者の夢を実現できるよう、スタッフ一同精一杯努力します。
これからも応援を宜しくお願い致します。

J-GP2クラス:勝利者インタビュー 野左根 航汰選手

★レースの公式結果は、MFJオンラインマガジン よりご覧頂けます。 

 

★[MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第6戦 SUGO ] フォトギャラリーはこちら

この度、Webikeチームノリックヤマハ は全日本ロードレース選手権第6戦 SUGOにおいて、全日本ロードレース選手権 初優勝をあげることができました。

応援してくださったファンの皆さま、サポーターの皆さまに心より御礼を申し上げます。

 

★次回のJ-GP2参戦は、全日本ロードレース第7戦  9月8日・9日 – オートポリス での開催です★

もちろん、ここで安堵することなく、勝利を目指してチーム一同邁進していきます。

今後とも、皆さまの暖かいご支援とご声援を宜しくお願い致します。

 

★ウェビックでは、「Webikeチームノリックヤマハ」悲願の初優勝を達成記念として【初優勝セール】を開催中です!

8月30日まで!ぜひこの機会をご利用ください!!

※レース写真撮影:Toshiyuki KOMAI

投稿者: Webike Staff   @   2012年8月28日 0 件のコメント
Tags :

ソーシャルブックマークに投稿

RSS Twitter Yahoo!ブックマーク livedoor クリップ @nifty clip はてなブックマーク

0 件のコメント

この記事へのコメントは、まだありません。ぜひ最初のコメントを投稿してください!
コメントを投稿する

*

以前の記事
«
最近の記事
»
 |  © 2009 - 2010 Rivercrane Corporation.All Rights Reserved.   |   template offered by ZENVERSE   |